TIFAセミナー ビルマ(ミャンマー)の難民女性や子どもの現状~軍事政権と民主化の狭間で見えるもの~

活動:
TIFAセミナー
記事更新日:
2018/02/08

TIFAセミナー

ビルマ(ミャンマー)の難民女性や子どもの現状

~軍事政権と民主化の狭間で見えるもの~

日時:2018年2月25日(日) 午後2時~4時

会場:すてっぷ (とよなか男女共同参画推進センター) 視聴覚室

講師:中尾恵子さん(日本ビルマ救援センター代表)

参加費:300円(学生無料)

 

2015年の選挙を経て、ビルマ(ミャンマー)は軍事政権から民主化への道を歩み出しました。また、東南アジア最後のフロンティアとして、日本をはじめ世界中から経済進出が始まり、人々の暮らしは大きく変化しています。

しかし、昨今、ニュースで大きく取り上げられている「ロヒンギャ難民」や国境地域の少数民族に対する強制労働、強制移住や女性への性暴力は今も続いています。

講師の中尾恵子さんは長く日本ビルマ救援センターの代表として、ビルマに真の民主化が実現することを願い、人々の平和と未来のためにと、支援活動を続けておられます。

その活動を通じて見て来られたビルマ(ミャンマー)の現在を知るとともに、私たちに何ができるかをともに考えましょう。ご参加をお待ちしています。

☆保育あり。くわしくはチラシをご覧ください。

 

チラシはこちら

TIFAカフェ サパナ

TIFAカフェ サパナ

ボランティアの1日

ボランティアの1日

国際協力プロジェクト

国際協力プロジェクト

フェアトレードのお誘い

フェアトレードのお誘い

ネパール大地震緊急支援

ネパール大地震緊急支援