国際理解プログラム

国際理解プログラムへの講師派遣

日本の未来を拓く子どもたちに今必要なものは、自らの文化に誇りを持ちつつ相手の文化も尊重し、互いに学びあおうとする開かれた心です。そのためには、先入観や偏見の少ない年少の時期から異文化を持つ人たちと触れ合う体験を持つことが望ましいと考えられます。

TIFAでは、幼稚園・保育所、小中学校、高等学校、各種団体等を対象に、国際理解プログラムへの外国人講師の派遣を行っています。TIFAスタッフ、外国人講師、担当者(先生)の3者で事前によく話し合い、対象者の年齢や目的に応じたプログラムを一緒に作り上げていきます。

●たとえばどんな国の人?

国際理解2007

中国・韓国・台湾・モンゴル・ペルー・フィリピン・インドネシア・マレーシア・タイ・バングラデシュ・ブータン・ネパール・インド・イラン・アフガニスタン・フランス・イギリス・ペルー・グアテマラ・チリ・ロシア・スペイン・アメリカなどの出身の、豊中近辺に住む外国人で、母国の文化を伝えたい、日本人との相互理解を深めたい、という意欲のある人たちです。

●どんな内容?

CIMG0708a

  • 国(地域)の紹介・・・地理・歴史・最近の様子・日本との関係・学校の様子など
  • ことばの体験・・・その国で話されている言葉での挨拶、自分の名前の読み書きなど
  • からだを使った体験・・・歌・おどり・遊び・民族衣装・料理などの体験など

その他、対象者の年齢や知識に応じて対応します。

(お問合せ、ご相談は TIFA事務局 06-6840-1014まで)

TIFA国際子どもキャンプ

2007年度より毎年夏休みに実施しています。小中学生が地域在住の外国人と寝食をともにし、言葉や文化、遊びやスポーツを通じて、自分たちと異なる文化を身近に体験する機会を提供しています。

詳細はこちら

TIFAカフェ サパナ

TIFAカフェ サパナ

ボランティアの1日

ボランティアの1日

国際協力プロジェクト

国際協力プロジェクト

フェアトレードのお誘い

フェアトレードのお誘い

ネパール大地震緊急支援

ネパール大地震緊急支援