2015年4月25日のネパール大地震によるサクー村の状況(現地コーディネイターから)

活動:
TIFAネパール自立会
記事更新日:
2015/05/13

5月11日付の報告です。 皆様のご支援をすえながくよろしくお願いします

① 当初から海外の援助隊が入り、村へのテント、食料の支給がなされました。 サクー村中心部に は、手が差し伸べられましたが、悩ましい状況の生活者も当初からいることは確かです。

② サクー村から離れているウグラタラ(ugratara)やキッツ校周辺(khitiz) は援助の手が届いていません。テント、食物、など届いていません。 少しのお金を貯めて、小さな住まいをつくらねばと思っています。

③ サクー村の訓練センターで働いていた人たちは無事でした。しかし、訓練所は壊れ、オーナーもテント暮らしです。 ミシンや材料は持ち出され、1階に運ばれました。 人々はテントで暮らし、毎日、壊れた家から物を運び出したり、お葬式の行事に忙しく暮らしています。 ジャガイモの季節で、それらを畑から持ち運び、貯蔵の場所を確保しています。

④ 中心部から離れた場所に住むかれらは、住む場所を確保できていません。 また、サクー村は数日前とはちがい、配給は減ってきています。 食べ物を寄付する人も減り、今は、ひとりのインド人が、ある場所で食料支援を行っています。 人々は、長い列をつくり、食料を手に入れるまで待っています。 これができない人は貰うことができません。いずれは、飢えにさらされるかもしれないという心配があります。

⑤ 雨季が近づき、特に、雨量の多いサクー村は、大変な状況に追い込まれるかもしれません。 緊急の食べ物、テント、マットレスが支給されてきましたが、人々の心配は住む場所です。 政府の援助への不満が人々の間に出てきています。

* 雨の多い地域で、テントを設置する場所が提供されていない不安の声が聞こえてきます。 食料もそのうち不足してくるかもしれない、病気は? 年寄りは? 赤ん坊は? さまざまな思いが想像できます。 サクー村の雨季の道のひどさは、経験した私もよく理解し、地震後の当地を思う時、援助を積極的にやっていかねばならないと、思いをあらたにいたしました。(自立会担当者記)

  

TIFAカフェ サパナ

TIFAカフェ サパナ

ボランティアの1日

ボランティアの1日

国際協力プロジェクト

国際協力プロジェクト

フェアトレードのお誘い

フェアトレードのお誘い

ネパール大地震緊急支援

ネパール大地震緊急支援